素朴な疑問 「おたくの会社はどっちの味方なの?」


 ひとつの不動産事業者が「売りたい人」と「買いたい人」の両方の仲介を同時に行うことを

「両手仲介」と呼びます。上の図の「灰色のねずみ営業パーソン」がその立場ですね。

 不動産事業者は両手仲介で取引をまとめると、売る人・買う人の両方から仲介手数料を貰うことになります。この図の場合「灰色のねずみ営業パーソン」が取引をまとめると、一回の取引で収益を2倍あげることになります。

 一般的に(特に大手の)不動産事業者は、自社で「売りたい人」から売却を依頼された物件を勧めがちです。

「買いたい人」の意向や利益よりも自社の収益を倍にしたいという思惑になりがちな傾向があります

 それって、どうですか?

 だって「売りたい人」は一円でも高く売りたい、「買いたい人」は一円でも安く買いたい、わけですよね?

 そんな風にお互いの利益が反している二人の間に、たった一人が立つことって、どちらの利益も最大化することに「矛盾してるんじゃないか」と思いませんか? 

 利益相反にならないような「大岡裁き」ができるケースもあるでしょうが、そう多くはないです。

 古くから不動産市場はこの「両手仲介」を優先する傾向です。

 これも「不動産屋は怪しい」と思われる空気を生み出しているのかもしれません。


だからL-SHIPは、あなたの味方しかしないことにしています。