手頃な価格の収益物件を所有する


 

貯金額の範囲で所有できる収益物件があります。

 

自分のお金は寝かせておかず働いてもらいましょう。

 

 

貯金することが正義

という風潮が日本ではとても強いです。

 

それは 30年前の常識 が、

世間的にいまも書き換えられていないからなんです。

 

その頃は、

 

個人のお金が、

放っておいても勝手に増えていた 

時代だったから。

 

うらやましいですよね、その頃が。

お金を銀行に預けておくだけで

そのお金がお金を稼いでいたようなものですから。

 

いまではその頃とはまるで別の世界になっています。

銀行に貯金してもお金は増えません。

 

 

「安全に保管してくれるから銀行に預けておく」

 

と考える人もいるようですね。

 

でも、

・システムトラブルをたびたび起こす

・引き出すにも振り込むにも手数料ばかり取られる。

 

それどころか

銀行に預けていても今は

お金は徐々に価値を減らすばかりです。

 

それならば

30年前の定期預金のように、

あなたのお金自身に働いてもらうべきです。

現代に合ったやり方で。

お金の働かせ方


リスク少なくお金に働いてもらうのは

iDeCo や 積立NISA などで

長期運用するのが基本です。

 

うまく選べば30年前の郵貯に

匹敵する運用益が出るかも知れません。

またはそれ以上も。

Google先生に教えてもらって下さい。

調べないという選択肢はないです。

これを読み終わったらすぐ調べてください。

 

あなたのお金が、

友達(お金)をあなたの元に連れてきてくれます。

毎月定額積立にして

放置しておいたとしたら

運用のために

あなたは1秒も時間を使いません。

 

短時間で

ドカーンと増えるわけじゃないですが

ジワジワと増えてくれます。

とても楽ですね。

まずこれを始めましょう。

 

 

自分のお金が働くことの

失敗 ( = 減る) リスクを分散する意味でも

いくつか運用先を分けるべきです。

 

「卵を一つのカゴに盛るな」

 

ということわざの通りです。

 

 

では、何に振り分けるか。

 

収益物件を所有することで

お金を稼いできてもらうこともできます。

 

・不動産投資 

コインランドリー投資

・太陽光投資

 

などがありますね。

 

私はこれまで数人のクライアントに

不動産の収益物件所有のお手伝いをしてきました。

 

これらは千万単位の

それ相応額の初期投資費用が必要なうえ、

ある程度の知識が求められます。

興味がある方はお聞きください。

運用のお手伝いを承ります。

 

 

かたや、

そこまでの金額でなく所有できる、

専門知識をそこまで求められない

巷に浸透した機器を

収益物件化したものがあります。

 

L-SHIPでは

個人で貯められる範囲の金額で所有できる

新しいカタチの収益物件

を取扱っています。

 

30年前の郵貯に匹敵する長期運用ができるものです。

 

いまは2種類

 

「自分のお金に働いて欲しいな」

 

と思ったら

バナーから概要をご覧ください。


※パスワードが必要です※

パスワードは問い合わせフォームからご請求ください
パスワードは問い合わせフォームからご請求ください