· 

プローンパドリングでダイエット

ひと月半で3キロ痩せました


先月上旬からマリブボードの練習を再開して、ひと月半、最近ようやくしっかりした漕ぎに戻ってきたような感触があります。

そして体重が3kg減りました。
お腹は弛んでいますけど笑

それに、まだまだ下半身の持久力が弱くて、お尻やハムストリングス・ふくらはぎが悲鳴をあげてはいますが。

ボードに正座するように座って、両手を同時に使い平伏して祈りを捧げるように水を掻く動作を「ニーパドリング」といいます。

このニーパドリングがフィットネスとしてとても効くんです。

ニーパドリングをすると、上半身と下半身の繋ぎ目(折れ点)に当たる腹筋がしっかり使われます。

また、正座の姿勢を保つためにお尻やハムストリングスに刺激が入ります。

大きなフォームで漕ごうとすると進行方向に上半身を乗り出していったり、上半身を引きつけたりするのでスクワットっぽい負荷のかかり方もします。



もう一つ、ボードに腹ばいになってクロールの要領で漕ぎ進む「ストロークパドリング」という漕ぎ方があります。

こちらはニーパドリングのように全身を使うほどではないので、体力の消耗具合いはニーパドリングよりも少ないです。

最近は、前回の投稿で紹介した大場くんと一緒に、ニーパドリングとストロークパドリングを交互に繰り返して30分漕ぎ続けています。

土手をランニングするようなつもりで水面をパドリングしているわけです。

ランニングも気持ち良いですが、プローンパドリングはひと味違う気持ち良さです。
水面に近い位置に座っていたり伏せていたりしてるので、水の動きをダイレクトに感じられます。
顔は水没していませんから水泳のように息継ぎする必要がなく、周囲の景色も眺められます。

30分漕以外にもプローンパドリングの練習メニューをやってはいますが、僕は継続的にボードに乗って漕いでいると確実に痩せます。

大食漢である自分がそうなんだから、みなさんもプローンパドリングをある頻度で行えば、きっと痩せると思います。

(お酒を控えているのも大きな要因だとは思いますが)

似たような意識でサーフスキーを漕いでもあまり痩せないんですけどねー笑

このままだと70kgを切ってしまいそうです。

僕は筋肉がクッキリの筋スジな体型にはなりたくなくて、脂肪が付いてる体型でいたいんです。

まあ今まで一度も筋スジな体型になったことはないんですが。
ふふふ。

なので70kgを割らないようにこれからは食事量を増やそうと思います笑

遠くない時期に、ライフセービング活動をやっていない人たちにも、

このプローンパドリングをフィットネスとしてやってもらえるような、

スクールというかクラブというか、そういうものを始めたいと考えてます。

きっとみなさんハマると思いますよー!

そのときがきたらぜひ^_^