安全対策【東伊豆チャレンジ】


< 棄権とリタイア >

本日の時点の気象予報では、レース当日は北東風が強くなる予報になっています。

地元漁協とライフガードの判断で対応許容範囲であればレースは開催する方針でおります。

沖を漕いだ経験が少ない、風が強い状況で漕いだ経験が少ない、自信がなく不安、という選手にお願いです。

不安であるようでしたら棄権するご判断を下すことも検討して頂けますでしょうか。

当日、会場で海の状況を見たうえでの、レース直前のご判断でも構いません。

もし棄権のご判断をされた方は、スタッフにご申告ください。

スタートはしたものの、海況に対応が難しい場合はご自身でリタイアのご判断を下す可能性もあるかと思います。

近くにライフガードがいる場合は、リタイアの意思表示をして下さい。

片手を頭上に垂直にあげるハンドサインをリタイアのサインとします。

 

レースコースは、スタートするとゴールまでの間に上陸できる場所は白田漁港のみです。

近くにライフガードがいなくて、かつご自分で漁港までパドリングできそうであれば、漁港への上陸を選択してください。

背後から風が吹いてきますので、漁港が右真横に見える位置からパドリングしていくと、風を横から受けて漕ぎづらいです。画像の注釈にあるように、パドリングしていて右側に街が見えている時点で、漕ぐ針路を陸側にして漁港を目指してください。そうすれば風に押されて多少はパドリングしやすいでしょう。
漁港に上陸しましたら、緊急連絡用にお伝えする携帯電話に電話をください。車でピックアップに向かいます。

 

ライフガードから見てレース続行が困難であると判断した場合は、選手ご本人がレース継続を希望されたとしても安全を優先してピックアップすることがあることをあらかじめご承知おきください。いずれのピックアップの場合も選手の安全を優先させて頂き、クラフトの確保と搬送を後回しにすることもあります。悪しからずご承知おきください。

< 津波避難経路 >

熱川海岸と稲取港の津波避難経路をあらかじめご確認ください。

ダウンロード
熱川海岸の避難経路
津波避難経路_熱川.pdf
PDFファイル 6.6 MB
ダウンロード
稲取港の避難経路
津波避難経路_稲取.pdf
PDFファイル 5.3 MB

< セルフレスキュー >

パドルボードは、ボードを手放してしまい風で流されて泳いでも追いつかない事態にならないように、流れ止めの効果がある紐・ロープ・リーシュコードなどでボードと身体を繋いでください。

ビーチスタートの形式を採用する可能性があります。スタート時は繋いでおかず、沖に出てから繋ぐなど各自工夫してご用意ください。

 

サーフ(オーシャン)スキーは、PFDとリーシュコードの着用をお願いします。手動膨張式PFDをお使いの方は、ボンベのガス残量をご確認ください。スキーもドライスタートや、ライフセービングレース式のジャンプスタートを採用する可能性があります。各自工夫してご用意ください。


パドルボード、スキーともにアクアパック等を活用して携帯電話を携行してください。

緊急時の連絡先電話番号をお伝えしますので、スタート前までに必ず登録をお願い致します。