L-SHIPに辿り着くまで(その1)

新卒で中堅ゼネコンに


 僕が不動産業に関わるきっかけは新卒で入社した中堅ゼネコンです。
 分譲マンションの工事を受注する、若しくは自社でマンションを分譲するために分譲マンションが企画できる土地を探してくる業務を主に担当していました。
 入社当時にはマンション用地に適した物件情報をもらうべく都内の地場不動産屋さんに飛び込み営業をかけました。しかし若造の僕にはなかなか自分で情報を得ることはできませんでした。
 上司のもとに入った情報の調査を指示されることも多く、現地の状況・役所での法令上の各種規制・法務局での権利関係など、直属の上司から不動産調査の実務を叩き込まれました。
 業務の一環として会社で施行する分譲マンション計画に関して起こる、マンション建設反対の運動への対応も担当するようになりました。業界ではこの業務を「近隣対策」と呼ばれます。

 来る日も来る日も、マンション計画に反対している方々、困っている人や怒っている人を訪ねていました。
 計画が建築基準法のうえで適法であっても、マンションを建てるとなれば少なからず周囲のお宅に影響を与えます。反対している方々の中には理由もなく感情的になってただ反対している方や、単なる反対運動を賑やかすような方がいたのも否めません。

 しかしマンションが建つことで本当に困らせてしまう方も少なくありませんでした。
 訪問したときに塩を撒かれたり水を撒かれたり怒鳴られたりすることもしばしば。
 (怖いところに連れ込まれたことも何回か。。。)

 

 正直、前向きに取り組める日ばかりでなかった僕に、ある上司が

 

「お前が一日も早く反対する人たちに納得してもらって工事が早く始まり、マンションが完成すると、工事期間を長期化させなかった分、ウチの会社が銀行に納める事業費の金利の負担が数か月分少なくて済む。そうなれば事業費全体が抑えられるから、その結果、売りに出すマンションの値段を安くできるだろ。そうなって、良いマンションを安く買えたお客さんの喜ぶ笑顔を思い浮かべて頑張れ!」

 

 と叱咤激励されました。「なるほど、確かのその通りだ」と思いました。

マンション事業では当然まずはマンションに見合った広さの土地を買うわけです。それは高価であり、金融機関から借り入れをして買うのがほとんどです。月々の金利負担は大きくなります。それがひと月分でも少なくなるとしたら、たしかに上司が言うようになるかも、と若い僕は思いました。(実際は、安く済めば済んだで利益に回すのが事業会社の常なんですが、若造の頃の僕は聞いた言葉通りに思い込みました)
 しばらくはその言葉に励まされ一所懸命に、マンションを買うはずのお客さんの笑顔を思い浮かべていました。しかし実際に日々の中で目にするのは困った顔や怒った顔の数のほうが圧倒的に多く、僕の貧困な想像力はだんだん枯渇していきました。
 それでも根気強く通ううちに「お前の会社は嫌いだが、お前は頑張ってるから嫌いじゃない」などと言ってくれる人が増えてきました。仕事としては反対の方に納得してもらうことに近づくわけなのでプラスなんですが、そうなると何だか困っていたり怒っていたりする人たちを僕の個性を使って丸め込んでいるような、そんな気持ちになりました。近隣住民の方々が計画に反対をしている度合いが大きいと、役所当局は建築許可を出し渋る傾向が強かった時代です。
この「近隣対策」業務は、反対運動を鎮静化させる(=反対なさってる方々にある程度納得してもらう)ことで役所当局から建築許可を下ろしてもらうまでが役目でした。

 建築許可が下りれば、そこからは工事部が現場に乗り込んできて実際に工事を行ないます。そうなれは僕らの役目は終わりです。当然、完成したマンションを買って喜ぶお客さんの笑顔を見る役割には立ちません。

 また次の反対運動のある現場の対応へ向かうわけです。

 いくつかの現場を纏めていくなかで、実際にお客さんの笑顔が見られない立場に、なんだか頑張る確信が持てなくなってしまい、26歳の10月、当時担当していた乃木坂の案件がひと段落したら退職しようと決意しました。

救命士になろうとして挫折


 27歳になった4月に退職して2年半は、ゼネコンでの反動もあり、(それだけじゃありませんが)困っている人のもとに損得なしに駆けつける消防士、とりわけ救急車に乗る救命士を目指して、派遣社員をしながら夜間の公務員試験の専門学校に通いました。
 しかし消防士である親しい友人に
「お前の勉強が足りないせいだ」 と指摘されたことに同意するしかない結果となり受験の年齢要件までに合格することができませんでした。

最初から最後までに関わりたい


 公務員試験に挫折した29歳の夏、再び民間企業に就職するに当たり、いろいろ業種を考えた結果、やはり住宅に関係する仕事に就きたいと思いました。
 住宅が生まれて人が住み始める一連の流れの中で、できるだけその流れの多くの部分に携わりたいと考えました。そういう立場で仕事ができれば、前回は目にすることが出来なかった「
お客さんの笑顔」を僕にもイメージし続けられるんじゃないだろうか。お客さんの笑顔を実際に見られる位置で仕事ができるんじゃないか。そうすれば厳しい局面も前向きに乗り切れるだろう、と。

 ちょうど自社で少棟数の建売や少区画の売地の分譲をするために
 新しく社員を募集していた、事務所を設立するまで在籍していた会社に就職することになりました。


*** つづく ***